協会活動のご案内

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 県協会のここがおススメ
  4. 地域を超えた活動ができる、これが神奈川県協会の魅力_金谷浩司

地域を超えた活動ができる、これが神奈川県協会の魅力_金谷浩司

属性

診断士登録年度: 2020年4月
県協会入会年度: 2020年
企業内診断士
登録グループ: 川崎・横浜北創生ネットワーク、たまがわ経営研究会
(2021年4月現在)

県協会の実績

私は大阪府内に住んでおりますが、静岡県で地域活性化の活動に取り組み、新たな地域で活動する楽しさを感じました。診断士としても違う地域で活動したいと考え、様々な地域の診断協会について調べた所、神奈川県の県協会が活発に活動していると感じ、県協会に入会しました。今年はコロナ渦で活動についてオンライン中心ですが、オンライン中心だからこそ大阪からも参加できます。

今回は、神奈川の県協会での私の1年間の活動について紹介していきます。

広報部・会報委員として記事の執筆

広報部の会報委員として、約1年間会報記事の執筆に携わりました。具体的には、独自アンケートによる観光視点で見た神奈川県の魅力コーチングのポイント、令和を築く診断士シリーズ、同期会『令2会』の紹介記事を執筆しました。自分でテーマを決めて記事も書くことができ、それが会報誌や協会ホームページに掲載されるのは非常にやりがいを感じました。

同期会『令2会』の企画・運営

同期会組織『令2会』にて会長として企画・運営に携わっております。同期会運営メンバーの同期の方々と協力して、毎月の定例会の企画・運営を中心に取り組んでおります。今年度は、コロナ渦のためオンライン開催が中心となり、例年とは違う状況下で、如何に同期間の関係性を築くか工夫を重ねました。毎月の定例会の実施以外に、同期会名簿の作成、自主プロジェクトの実施、自主勉強会の開催などを行いました。その結果、オンライン中心でも同期間の関係性を構築でき、新たな運営スタイルを確立できたのではないかと思います。

テクニカルショー・ヨコハマ2021のミニセミナー講師

ミニセミナー講師として、人材採用・育成財務の分野をテーマに2本動画を作成しました。動画テーマの設定からスライド資料の作成、説明動画の作成などに取り組みました。動画の視聴者に対してどのように伝えれば良いのか考えるきっかけになり、新たな気づき・視点を得られました。

県協会のここがおススメ 

私は県協会に入会して1年目ですが、1年間で様々な活動を経験できました。ベテラン、若手関係なく挑戦したいと思って手を挙げたら挑戦できる環境であることが県協会の良さであると思います。活動を通じて、同期の診断士との横の関係、先輩診断士との縦の関係双方を築くことができます。そして、神奈川に留まらず、違う地域からでも積極的に参加できます。当初、大阪から参加しても大丈夫か不安にも感じましたが、その心配はなく、自然と県協会の皆さんが受け入れて下さりました。

県協会のホームページやスプリングシンポジウム等のイベントを通じて、神奈川で活動したいと感じた方は是非ご一緒に活動できればと思います。

―以上―

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

活動のご報告