協会活動のご案内

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 会報
  4. 連載企画第1回 アンケートから分かる神奈川県の観光ニーズについて

連載企画第1回 アンケートから分かる神奈川県の観光ニーズについて

独自アンケートの結果や統計データから見る観光ニーズについて連載で紹介していきます。今回、神奈川県に関する観光ニーズについて調査するため、独自にアンケートを実施し、私の友人・知人・同僚など、72名に回答頂きました。そのアンケートの結果から読み取れる観光ニーズについて2回に渡り紹介していきます。

➀アンケートの対象者について

図表1:アンケート回答者の年齢層

図表2:アンケート回答者の在住地域

観光目的で神奈川県に1回以上行ったことのある方をアンケート対象者にしました。在住地域は問いませんでしたが、私が関西圏に住んでいるため、関西在住の方を中心に回答して頂きました。関東圏だけでなく関西圏から見た神奈川県の観光実態について知ることができます。

②アンケート結果について

4つの質問項目の結果について、図表を交えて説明していきます。

図表3:Q1「これまでに何回、観光目的で神奈川県に行ったことがありますか。」

図表3より、5回以上、神奈川県に行ったことがある割合が36.1%(26人)を占め、コアなリピーターが非常に多いです。その内、40代以下の若い年代の割合が38.4%(10人)であり、このような若い世代は今後も更なるリピートが見込めます。

図表4:Q2「何故、観光で神奈川県に行こうと思いましたか」

図表4より、テレビや雑誌による影響が最も大きいです。一方、最近の流行りであるSNSによる影響は低く、観光を考える際、テレビや雑誌の影響が未だに大きいと言えるのではないでしょうか。また、SNSによる影響を受けたと回答した方の内、20代後半が半数以上を占め、やはり若い世代にはSNSによる影響が大きいと考えられます。

図表5:Q3「これまで、誰と一緒に観光目的で神奈川県に行きましたか」(複数回答可)

図表5より、友人や家族と一緒に行く割合が特に高いですが、恋人と一緒・1人で行くケースも多いことが分かります。裏を返すと、神奈川県に観光目的で行く場合、いずれの場合でも楽しめる魅力があると言えるのではないでしょうか。前回は友人と一緒に行ったけど、今回は1人で行くなど、状況に応じて楽しめる魅力があるからこそ、図表3のようにリピーターが多いことにも繋がっているのではないでしょうか。

図表6:Q4「神奈川県のどこの街に観光目的で行ったことがありますか。(複数回答可)

図表6より、横浜市、鎌倉市、箱根町が上位3位にランクインし、観光地として不動の地位を築いていると改めて感じました。また、4位以降の街についても、まだ知らない魅力を発信して足を運んでもらう可能性が潜んでいると思います。特に、図表1より若い世代の中にコアなリピーターがいるので、この層に新たな街の魅力を発信することが有効であると言えるのではないでしょうか。

今回は、4つの質問に関する結果から神奈川県の観光ニーズについて紹介しました。

次回は、更に踏み込み、神奈川県の魅力や神奈川県で体験したいこと・訪れたい場所など、アンケート結果から紹介していきます。

【金谷 浩司】

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事