協会活動のご案内

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 会報
  4. 連載企画第1回 人生のやりがいを求めて中小企業診断士人生を歩む

連載企画第1回 人生のやりがいを求めて中小企業診断士人生を歩む

平成の最後の月、平成31年4月、中小企業診断士として独立した。中小企業診断士試験合格、登録から32年目の春である。それまで企業内診断士として長い月日が経っていた。現在、独立して「人生のやりがいを求めて中小企業診断士人生を歩む」ことを実感している。

中小企業診断士試験、海外駐在、単身赴任
 昭和62年4月、晴れて中小企業診断士登録。官報を購入して我が目で確かめた。通商産業大臣登録鉱工業部門5470番。前年の盛夏、都内の大学で中小企業診断士の第一次試験が行われた。鉱工業部門と商業部門しかない時代。初めて情報部門の試験がその時から行われた。当時小生28歳。電機メーカーの川崎の工場で入社6年目。資材部の平社員時代である。中小企業診断士として会社を辞めて独立したくて受験したわけではない。当時、工場の資材部の仕事では、鉱工業の知識(図面の読み方、材料部品の知識など)、生産管理、資材調達の知識などのほか、取引先中小企業の経営分析、原価管理など幅広い知識が必要であったので、仕事に役立つだろうと考えて勉強を始めた。また、我が社の資材部門の先輩たちの多くが、この試験に挑戦し合格していたので身近な試験であった。長男も生まれた直後で、何をやっても若くて勢いがあった。将来海外駐在をしたいという夢ももっていた。

 入社した時からの夢は海外駐在。その夢の実現は平成6年、37歳の時。6年間の海外駐在期間は、中小企業診断士の資格は休眠状態で、帰国後、理論更新研修を数年受ければ、資格更新ができた。
 
 海外と国内のビジネスの両方を経験し、管理職として部下の管理・育成、採用(日本と米国)も実際に経験した。生産管理や資材調達の本来の業務のほかに、営業(海外)、貿易、総務、法務、経理、企画、コンプライアンス、監査など、さまざまな業務を経験することができた。

 その間、中小企業診断士として独立することなく、55歳で役職定年、関連会社で60歳定年を迎え、65歳までの再雇用で会社員生活の幕を下ろす予定であった。その間、勤務地は川崎、東京、米国ボストン、愛知、栃木、東京、川崎と振り出しに戻った。単身赴任も経験した。

やりがいを求めて独立
 なぜ61歳で独立したか? 難関試験を突破して30年以上、理論更新研修を受講し繋いできた資格をいつの日か活かしたいという思いがでてきた。慣れた仕事で65歳まで安定した生活が保証されていた。そんな時、サラリーマンとして仕事を続けるよりは、中小企業診断士として独立した方が良いのではと考えるようになった。61歳で独立する道を選んだ。かっこよく言えば、「やりがいを求めて」の独立である。独立の時期を平成31年4月と決めた、前年11月ころから、独立後の生活設計を始めた。まだ、年金受給年齢には達していないため、確実な収入源を確保しなくてはならない。人生2度目の就活である。民間企業時代は、会社の利益追求のための業務に対する対価を得ていた。独立後は、中小企業の支援をしたい。できるだけ多くの中小企業の支援をしたい。特に地元の川崎市や東京都、神奈川県を中心に活動をしたい。「東京都中小企業振興公社」「中小企業基盤整備機構」にアプローチを始めた。12月~1月にかけて、求人情報が目白押しだった。10以上の職種に応募書類を送った。履歴書、職歴書、応募書類作成では、今までのサラリーマン人生の総決算(人生の棚卸)の内容を記載した。そして、中小企業診断士として、どう生きたいのかを記載した。書面審査、面接後、複数の内定をいただき、独立後の基本ベースの収入の確保はできた。

独立1年目
 独立1年目がスタート。結構自由な時間ができた。趣味のマラソンを走る時間もでき、生き生きした気持ちで、毎日朝を迎えた。月12日は決められた仕事をしなくてはならないが、残りの時間は中小企業診断士としてのやりたい仕事を支援機関からいただけるようにしたい。最初の1年間で、2年目以降の仕事を大きくしたいと考えた。そのために何をすべきか? とにかく走りながら考えた。

韓国中小企業 前渡金要求、給与支払い遅延
 一番の命がけだったのは、韓国の中小企業が倒産した時の経験です。東芝国際調達部時代、同じ課で大卒4年目の女性社員がビデオデッキのプラスチック製フロントパネルを韓国から輸入する仕事をしていました。従来は日本国内で金型を支給し外注工場に製造委託していました。しかし、三星や金星といった韓国メーカーが韓国内でプラスチック成型品を中小企業A社に製造委託し、価格競争力をつけていたので、東芝も韓国のA社へ製造委託を決めました。A社は東芝、三星、金星の三大メーカー向けにプラスチック成型品を生産し供給していました。平成5年初冬、A社から東芝に連絡が入りました。受注しているビデオデッキのフロントパネルの生産が遅れ、生産量を確保することはできない。納入後の支払いではなく、前渡金が欲しい。前渡金をもらえないと、材料を購入する資金がなく、材料が手に入らないので成形品ができない。話を聞くと従業員への給与の支払いも遅延しているとのこと。

オリンピックの後は不況がくる? 倒産社長は死刑?
 なんで、そんなことになったのかと尋ねると、ソウルオリンピック終了後、不況の波が押し寄せ、三星や金星は生産縮小し、A社への仕事を引き上げたとのこと。また、社長は米国に出張中で、社長の弟が社長業務を代行しているとのこと。あとでわかったことですが、韓国では企業を倒産させ社長は死刑になる可能性が高いとのこと。A社の社長は海外逃亡してしまっていたのです。

戦争が始まる前に脱出せよ
 東芝の女性担当者に倒産処理に韓国出張させるわけにはいかないという理由で、小職が代わりに韓国に飛ぶことになりました。その時の小職はお幼い3人の愚息の父親でした。当時、北朝鮮と韓国が軍事衝突するリスクが非常に高まっていて一発触発の危機でした。韓国出張の飛行機のチケットを受け取りに行った旅行代理店の担当者に尋ねました。「もしも戦争が勃発したら、日本に帰ってこれますか」その担当者のアドバイスは「戦争が勃発したら帰国はできません。金浦空港が閉鎖され韓国国外へ出れません。戦争が始まる前に必ず、出国しないと命の保証がありません」小職は命がけの出張に出かけることになりました。もう二度と家族に会えなくなってしまうかもという不安な気持ちでの韓国出張でした。

金型引き上げ交渉
 日本では倒産企業の処理の場合、その現場にある金型(東芝の財産)は反社会的勢力が抑えてしまうことが多いと聞きましたが、韓国の場合、賃金をもらえていない、従業員が金型を押させてしまい、東芝に賃金にかわるお金の支払い要求をしてくるとのこと。東芝は、金型を引き上げ、それをプラスチック成型品を作れる代替の中小企業に移動設置しなくてはなりません。小職は東芝ビデオ工場の資材部長らスタッフと韓国人通訳でA社に乗り込み、社長の弟との交渉に臨みました。東芝のビデオデッキの生産を止めるわけにいかないので必死の思いでの交渉でした。粘り強い交渉で、何とか着地点を見出して、金型の引き上げに成功しました。金型運搬用の大型トラックを10台以上手配し業務は完了しました。この時は韓国の極寒の時期にあたり、身の危険を感じる毎日でしたが、3月末に無事に帰国しました。

韓国中小企業の倒産から学んだこと
1. 1社(または2~3社)だけに頼った経営ではその得意先が仕事を引き上げたら、事業の存続ができず倒産の危機に直面する。1本足打法の経営からは脱却しなくてならない。
2. 資金繰りに行き詰まると事業継続は困難になり、倒産の危機に直面する。
3. 好況な時であっても景気後退期のことを念頭に考え、安定重視の経営に徹すべき。
4. 海外進出する時は、カントリーリスクを常に考えること。
5. 経営者や従業員代表との交渉の成功に導くのは、相手の立場に立って、Win-Winの関係目指して、誠意をもって交渉すること。(決して高圧的な態度で接してはならない)
上記は、現在、独立中小企業診断士として中小企業と接する時の教訓になっています。

【滝沢 典之】

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

活動のご報告