協会活動のご案内

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 診断士の日フェスタ
  4. 中小企業診断士の日フェスタ、チラシが完成

中小企業診断士の日フェスタ、チラシが完成

協会会員支援1部は現在、11月4日(水曜日)の「中小企業診断士の日フェスタ」の準備に取り組んでいます。協会の方、診断士の方、関係者の方に、協会の活動への理解を深めてもらうために準備の様子をお伝えしていきます。

今回はコロナ禍であり、リアルの経営相談をどうするかなど検討に時間をかけました。最終的に、人気がある横浜そごう前のリアルの経営相談は、コロナ感染対策をしっかりやったうえで継続。新たにオンライン経営相談をやり、その集客を兼ねて、経営のワンポイント助言の動画配信を先行して行うことになりました。

さて準備の最初の成果物は事前チラシ(写真参照)。後援の支援機関など関係先の協力をえてフェスタのターゲットの中小企業経営者らに周知するもので、現段階のフェスタの予定を過不足なく、伝えていますので、会員のみなさまにあってはこのチラシ配布などでもご協力いただければありがたいと思います。

このフェスタプロジェクトは1部の理事と担当執行役員、公募した会員の合計12名で、準備に取り組んでいます。どんな人物がどのような思いで取り組んでいるのでしょうか、以下は今回のチラシを担当した曽我部さんからのメッセージです。(理事・濱田良祐会員支援1部長、理事 斎木真紀子)

プロモーション班でチラシ作成担当の曽我部 尚です。「チラシを通じて、一人でも多くの方にフェスタのこと、中小企業診断士のことを知ってもらいたい」そんな思いを込めてチラシ作りを進めています。

チラシを作るには、インパクトのあるキャッチコピー、フォント、色合い、構成など様々なことを決めなければならず試行錯誤の繰り返しですが、想像以上に奥が深くやりがいを感じています。今年は恒例のリアル相談会に加えてオンライン相談会・動画配信を行う、リアルとオンラインを融合したかつてないフェスタです。協会初の試みの新たな時代のフェスタに、足を運びたくような、興味を持ってもらえるようなチラシになるように、もうひと頑張りしたいと思います。私のプロフィルは以下の通りです。ぜひお声がけ下さい。

<プロフィル>
はじめまして、曽我部尚(そがべ ひさし)と申します。上京以来長らく横浜の旭区・緑区に住んでいましたが、結婚を機に今は町田市に住んでいます。ゲームメーカーに勤務した後、現在は特許事務所に勤務しています。

前職では会社の急成長による組織・人事の激動を一社員として目の当たりにし、現職では管理職として従業員の採用・育成に携わり、採用してもすぐに辞められてしまう事態に悩みながらどうしたら定着してもらえるか、チームとして一体感を出せるのか自分なりのノウハウを積み重ねてきました。なかなか答えが出ない、数字では推し量れない人と組織のありかたを自分のテーマとしています。

業務経験を生かして、働く人が元気になる、生き生きとした組織づくりのお手伝いができるような診断士を目指しています。今年6月に神奈川県協会に入会したばかりでまだ診断士歴は短いですが、これから協会活動などを通じて診断士としての実績を積み社会に貢献していきたいと考えています。

趣味は、映画鑑賞で古い邦画(70,80年代)が好きで、時間が許せば今は少なくなってしまいましたが名画座巡りをしています。どうぞよろしくお願いいたします。

-以上-

診断士の日フェスタについてはこちらのページをご覧ください。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事