協会活動のご案内

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 診断士の日フェスタ
  4. 中小企業診断士の日フェスタ、後援依頼

中小企業診断士の日フェスタ、後援依頼

「中小企業診断士の日フェスタ」(11月4日 https://sindan-k.com/support/festa/)のメイキング第2弾。16日(金曜日)は、濱田良佑(理事会員支援1部長)、斎木真紀子(理事)、神原哲也(執行役員)の3人がフェスタの後援の依頼に予定先にうかがいました。

(文責 神原) フェスタは多数の支援機関の協力で行っています。さまざまな良い取り組みを行っても、中小企業の経営者らになかなか伝わらないという現実がある中、それぞれの取り組みを相互に協力して周知しているのです。

この日、訪問した先は、神奈川産業振興センター(KIP)と神奈川県中小企業団体中央会(中央会)です。実は神奈川県中小企業診断協会がある神奈川中小企業センタービル(神奈川県横浜市中区尾上町5-8)にあります。最寄り駅はJR関内駅、みなとみらい線馬車道駅です。 

KIPは 神奈川県全額出資の中小企業の支援を目的とする公益法人で、さまざまな活動をしており、国の無料経営相談所「よろず支援拠点」の実施機関でもあります。また中央会は、中小企業の組合の設立、運営の支援を行っている団体です。後援依頼先は、いずれも神奈川県を代表する中小企業の支援機関。

16日に訪問できた先以外にも 横浜市経済局、(公財)横浜企業経営支援財団(IDEC)、さらに今回から新たに依頼する川崎市産業振興財団(KIIP)を含め合計5団体に後援をしていただく予定です。後援以外にも県内の商工会議所・商工会に事前チラシを郵送して、会員の中小企業の方たちへの配布をお願いする予定です。

会員支援1部で、こうした支援機関との連携を担当している執行役員は、私 神原哲也です。もっとも2020年新設の担当で、私も新任、いわば ひよっこ です。ただ、今後、支援機関のみなさまと連携しながら、かながわ全体の「中小企業支援力」をパワーアップしていきたいと思っています。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事