BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 実施報告
  4. 実務従事(旧プロコン塾) 実施報告

実務従事(旧プロコン塾) 実施報告

県協会では、主に診断実務に携わる機会の少ない中小企業診断士の資質向上と実務従事ポイント取得の機会を提供する支援事業(実務従事事業、昨年度までのプロコン塾)を行っています。昨年度は計7回開催で、その前の年度が12回であったため、残念ながら回数を減らした結果となりました。

さて、各実務従事実施後はアンケートを行っておりますが、昨年度のアンケート結果によると、実務ポイントの取得を目的とされている方の割合は依然多いですが、それ以上にスキルアップの向上を目的とされている方が多いことが分かります(前の年度のアンケート結果では、この2つは同程度の割合でした)。県協会にて実務ポイント取得の手段が多様化してきたことを踏まえると、この結果は納得できる結果です。

次に、受講者の属性を見ると、独立開業中、あるいはこれから独立を考えられている診断士の方が約50%存在します。実務能力のスキルアップとして、また、実務に活用できるスキル・知識の獲得等に有用な場として実務従事が活用されていることが、この結果からも垣間見えます。

受講者の総合評価では、「良かった」、「まあ良かった」と回答された方は全体の96.5%を占め、満足度は高い結果となりました。

県協会では、これからも会員の皆さまにとって魅力的で満足度の高い実務従事を開催したいと考えています。実務ポイントの取得に加え、診断士として自己研鑽のための手段の一つとして、実務従事を活用されてはいかがでしょうか。また、満足度の高い実務従事実現には、魅力ある指導員の参加が不可欠です。要件を満たす方は奮ってご応募をお待ちしております。

小林 祐介

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事