かながわ農食支援グループ

これからの農業は「マーケティング」「6次産業化」をサポートできる人材、
つまり、農食に明るい中小企業診断士が潜在的に必要とされている分野と言えます。
診断士としてこの分野に関わり、
サポートしたい方のご参加を是非お待ちしております!

農業の先には、食があり、食の先には、美味しさ・楽しさ・効用、さらには地域活性化等に繋がっています。
つまり、農業は、単に農作物を生産するだけではなく、人々の幸せの基盤となる、魅力ある仕事・産業と言えます。
ただ、日本の農業の置かれている現状は、就業者数の減少、高齢化、耕作放棄地の拡大など、厳しい側面があります。
一方で、耕作規模の拡大や農業法人・企業参入の増加など構造変化が進んでいるのも事実です。
これからの農業は、農業者が自ら農業所得を増やして、働く人が幸せで魅力的ある産業にしなくてはいけません。
所得拡大には、「イノベーション(6次産業化含む)」、「マーケティング」が不可欠です。
そのため、「マーケティング」、「6次産業化」をサポートできる人材、つまり、農食に明るい中小企業診断士が潜在的に必要とされている分野と言えます。
診断士としてこの分野に関わり、サポートしたい方のご参加を是非お待ちしております!

活動の目的

県内の農食分野を支援し地域活性化、農食分野の付加価値拡大に寄与することを目的に活動しています。

活動の状況

活動は大きく以下の3つになります。

①チーム活動、②定例会(月1開催)、③特別勉強会(月1回開催)

①JA、農家に対する支援チームがあり、支援に向けた開拓活動を行っています。

②毎月開催(第4土曜日)しており、①のチーム活動の情報共有とともに、各メンバーが持ち回りで勉強会の講師を担当。各回2名30分ずつ農食に関するテーマで発表を行っています。

③今年度から始めた取組み。当グループのメンバーで農業専門の診断士を講師として、定例会とは別枠で農業について基礎から総合的に学べる勉強会を毎月開催しています。

活動の特色

農業やJA等に明るいメンバーによる勉強会を開催しており、農食分野の知識・スキルアップが可能。

活動について

定例会開催日時基本的に毎月第4土曜日
主な活動場所平沼記念レストハウス
年会費3,000円
人数(企業内・独立比)13:12
代表者小林 祐介
担当者/連絡先小林祐介
a4rfmyex@gmail.com